令和の時代も「やっぱり朝日新聞が嫌い」な人々が急増している理由

観光情報 旅頃~たびごろ~ 国内旅行・旬のおすすめ観光情報

あらゆる物事を党派に分け
我々に属さない者にのレッテルを貼って
批判することが絶対の正義だと信じているからです

勧誘員朝日新聞とってくださいませんか
家主朝日は大嫌いだから絶対いらない

朝日新聞勧誘員何で...どうして...?
スカッとというか普通に朝日新聞が嫌いな話

朝日ぎらいな人々が日本全国で急増している理由
事実よりも、
イデオロギーを大事にするからではないでしょうか!?

朝日新聞が嫌われる理由

1.
戦中は軍部に言われたことしか
書かないのに
戦後は手のひらかえしで
軍部批判をやったこと。
戦前戦中は売らんが為に
戦争を煽りまくったこと。
「日本のリベラリズム=戦後民主主義」
それが朝日新聞の方向性だと
標榜してる傲慢さが嫌い。

2.左翼思想をリベラルと決め付けた。

3.上記のリベラルの名のもとに
日本人に左翼思想を植え付けようと今もしている。

4.その逆に日本の愛国者を右翼と定義付ける思想を
新聞によって広めた。

5.韓国に対して慰安婦報道を奴隷として書き立てた。

日本は戦争に負けたのですから、
その風潮が日本人を自虐的にしてきました。
その傾向を先導して指導してきたのが
朝日新聞

現時点でも、
慰安婦像問題で、国のために命まで投げ出した人までも、
酷評されることになってしまいました。
 
朝日新聞は記事が捏造であったことは認めましたが
それでも日本国民の失地を回復する努力をしようとはしていないのです。
この期に及んでも、
日本国民に与えた損失に対して謝罪し
日本の名誉を回復させる活動を一切していないのです。

慰安婦問題でも、南京大虐殺でも、
事実ではないなら反論することはありうるのです。
その反論する日本人を右傾化した日本人
と表現するのはおかしいのです。

朝日新聞の
ほとんどの記事内容は
日本が悪い
自民が悪い
安倍が悪い
が前提で結論ありきの
プロパガンダ編集してます
意にそぐわない標的には
捏造してでも批判しますが、
決して自分たちの過ちは認めず言い訳に終始し、
論点をすり替えるのです。

だから嫌われてるのでは、、、

朝日は日本が嫌い
日本人が嫌い
日本を近隣国に売り渡したい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック