佐藤浩市が安倍総理の潰瘍性大腸炎を揶揄で大炎上!

高級ホテル/旅館ランキング
観光情報 旅頃~たびごろ~ 国内旅行・旬のおすすめ観光情報

佐藤浩市が大炎上 映画・空母いぶきの安倍首相役で
まるで左党浩市か???

▼佐藤浩市 この発言
「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)」
「いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」
「でも監督やプロデューサーと、僕がやるんだったら垂水慶一郎をどういう風にアレンジできるか」
「という話し合いをしながら、引き受けました」
「僕はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうって設定にしてもらったんです」
「だからトイレのシーンでは個室から出てきます」

この人の本性がわかってしまった。

なんか自然に「体制側」って言葉を使うのですね。

公開前にこういう発言するか?

ポリシーに合わないなら、
受けなきゃいいのに! 

鳩山総理の役の方が良かったの?!

せっかくコミックはおもしろかったのに。。。

酷いのは
難病を侮辱しているところです!!

キッチュこと松尾貴史も、
第一次安倍政権の頃に、
松尾貴史がテレビで安倍総理のモノマネで
「うつくち~い日本!!」「お腹痛いから止めま~す!!」
と散々馬鹿にしていたのを思い出しました。
スタジオ内は爆笑してましたが、
その内の一人の(東大卒の文化人)がブチキレて
「あんた、安倍さんの病がどんな物なのか知ってんの!」
「治療方法が未だに確立されてない難病なんだよ!」
「安倍さんは一国の総理という要職、あんたはただのお笑い芸人だろ!」と怒鳴られ、
松尾はシドロモドロに...
「あ…あのこれも…私の仕事の一環ですから…気に障ったのならゴメンネ」
と言い訳するも同じ病気で悩まされている患者さんや、
その親類縁者から番組にクレームが殺到したらしく、
松尾貴史は番組降板w
その後の彼はテレビではあまり見掛けなくなり、
干され状態が続いています。

ヘイトスピーチでした。

病人を侮辱するのですね。

日本人だけの問題ではありませんよ?

健康に感謝するべきだと思います。

佐藤浩市は
健康に働ける幸せを、
仕事がもらえる喜びが分からないような人柄だったのですね。

原作も素晴らしくて楽しみにしていただけに
残念すぎるぅ。。。

観光情報 旅頃~たびごろ~ 国内旅行・旬のおすすめ観光情報




なにかと話題のふるさと納税  名前しかわからない人に仕組みと特典を解説!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック